ネイティブなら12歳までに覚える80パターンで英語が止まらない!を「瞬間英作文方式」で練習しよう

単語やフレーズは覚えた。でも、自分が言いたいことを言えない。

 

そんな悩みを持つ人におすすめなのが「型(パターン)を覚えること」。

 

特に日常英会話では、よく使われる表現やフレーズが大体決まっています。

 

そのため、型(パターン)を覚えておけばその後に続く動詞や名詞などを置き換えるだけで、表現の幅がぐんと広がるのです。

 

つまり、自分の言いたいことを瞬時に英作文して話す力がつくのです。

 

 

『ネイティブなら12歳までに覚える80パターンで英語が止まらない!』(塚本亮著、高橋書店)の前書きより

 

本書では穴埋め英作文トレーニングが掲載されていますが、より実践的に瞬間英作文方式で練習できる動画を作成してみました。 スピーキング力アップの練習用としてぜひご活用ください(^^

 

Can I …?(~してもいいですか?)

 

ポイント

・許可を取る型(パターン)

・Canには、~できる、~であり得る、~してもよい

・CanとMayの違い…CanよりもMayの方がフォーマル。

 

Thank you for …(~をありがとうございます。)

ポイント

・シンプルに感謝を伝える型(パターン)

・友達や同僚などにはThanks for ~を使おう

 

Don’t be …(~にならないで)

ポイント

・~にならないで、という型(パターン)

・文法的には命令形ですが、実際は、~にならないで、と気軽なニュアンスで使う。

・Not be …は誤り。必ず、Don’tを使います。

 

ポイント

・そもそもLet’sは、let usの短縮形。usがあるので、「一緒に」という意味が含まれます。

・Don’tとの違い。Let’s notの方が提案のニュアンスが強く、Don’tは忠告に近いニュアンスが出る。

 

I’m going to …(…するつもりです。)

ポイント

・すでに決まっている未来を話す型(パターン)

・toの後は動詞の原形が来る。

・「will」は話の流れで今決めた未来のニュアンス、「be going to~」はすでに確定している未来。

 

Where can I …?(どこで…できますか?)

ポイント

Where can I~?への答え方

外国人観光客から場所を尋ねられた時、答え方を知っておくと便利です。

・Go straight until you reach the hospital.

病院につくまでまっすぐ行って下さい。

・Go past a bakery.

パン屋を通り過ぎてください。

・Turn right at the police station.

交番を右に曲がってください。

・It’s across from the bank.

銀行の向かい側にあります。

・It’s next to the post office.

郵便局の隣にあります。

・It’s next to the post office.

郵便局の隣にあります。

・It’s in front of a cafe.

カフェの前にあります。

・It’s behind that park.

あの公園の裏側にあります。

 

I’d like to …(…をしたいです。)

 

ポイント

・「…したいです」と丁寧に願望を伝える型(パターン)

・I would like toの短縮形

・I want toは、「それがしたい」という願望を口にする直接的な表現、婉曲的なのが、I would like to

 

Did I …?(…してしまった?)

意図していなかったことや身に覚えがないことを確かめるのがDid I…?です。

 

終わったことについて「どうだった?」と聞くときに尋ねる型。

何を質問しているか明確なときは、How was it?とシンプルに聞くこともあります。