中国語ネイティブの中国人が日本語を最短でマスターした方法

大人になってから日本語をマスターした中国人

 

本日は

「中国語ネイティブの中国人が日本語を最短でマスターした方法」

についてお話したいと思います。

 

あなたの周りには、

外国人でも日本語をスラスラ話せる人はいますか?

 

実は、私の妻のママ友に、

中国人のSさんという方がいます。

 

たまたま家族同士で

昼食を取る機会があったんです。

 

そのSさんとOSOが初めて会ったとき、

「初めまして、オーソーさん、Sと言います。」

とあいさつされたのですが、

日本語のうまさにびっくりしたんです。

 

そこで、

「日本語がすごいお上手ですね!?

Sさんは日本で育たれた方なんですか?」

と興味津々で聞いてみると、

なんと驚くことに、

大人になってから

日本語は学んだのだそうです。

 

 

驚くことに、

大人になってから日本語を学んだはずなのに

意思の疎通はまったく問題ありません。

 

それどころか、

日本語を学ぶためのスクールに

通ったわけでもないそうで、

それなのに日本で生活するのに

全く困らないレベルまで

上手になったそうなのです。

 

なんでそんなことが可能なのでしょうか。

 

第二言語を最短で話せるようになった中国人の学習法

 

私もさらに疑問が溢れてきてしまったので

Sさんに再度質問をさせていただきました。

 

そして、この時の回答は

あなたにもぜひ知っておいてほしいな

と思いました。

 

Sさんから伝授いただいた

中国語ネイティブの中国人が

日本語を最短でマスターした方法

お伝えしたいと思います。

 

というのも、

中国人から見て第二言語である

日本語を最短でマスターした方法を知れば、

日本人が英語を学ぶ際のヒントというか、

気づきを得られるはずですから。

 

それで結論を先に言ってしまうのですが

今や日本語がペラペラの中国人Sさんが

どうやってトレーニングしたかというと、

「型」のようなものを覚えて、それを増やした

ということらしいんですね。

 

 

ちょっと抽象的なので、

段階を追って説明すると、

 

① 「言いたいこと」をどうやって日本語で表現するのか、文単位でご主人から教えてもらった。

② 教えてもらった「言いたいこと」を実際の会話で何度も使う。

③ スムーズに言えるようになったら、それを「型」にして、文章の単語を入れ替えて練習する。

ということになります。

 

①~③について、順を追って説明します。

まず、①についてです。

 

上海近郊生まれのSさんは、

日本に来て仕事でご主人と出会いました。

 

当初、日本語はまったく

話せなかったのですが、

ご主人と日本語で会話する中で、

言いたいことを日本語でどう表現するのか

教えてもらったそうです。

 

「言いたいこと」は単語ではなくて

文章として教えてもらい、

単語を入れ替えれば、

応用が効くようなものを教えてもらったそうです。

 

そして②ですが、覚えた文章を

実際のご主人との会話などで使っていきます。

 

話す文法が多少間違っていたり、

微妙な表現だったりしても気にせず、

相手に伝わることに重点を置いて

どんどん口から発していったそうです。

 

覚えた文章は頭の中で

「型」となっていき、

単語を入れ替えれば、

違った内容も表現できるようになっていきます。

 

それで最後の③ですが、

「型」の中身、すなわち単語を入れ替えて、

実際の会話で試していくということになります。

 

ご主人からは、

いろんな「型」を教えてもらい、

練習していく中で

自分のお得意のパターン

すなわち十八番の「型」が

いくつか出来てきたそうです。

 

得意な「型」の数を増やしていき、

日本語の単語を少しずつ増やしていけば

言える表現も豊富になっていきます。

 

 

実は瞬間英作文方式で日本語をマスターしていた

 

でここでなんですけども、

このSさんのトレーニング方法って

実は日本にも存在します。

 

それは、

「瞬間英作文トレーニング」

と呼ばれるものです。

 

「瞬間英作文トレーニング」とは

日本では1984年に初めて登場し、

いまだ多くの方に実践され続けている

歴史ある学習方法です。

 

結果として、Sさんは意識して

いませんでしたが、

「瞬間日本語作文」を毎日

ご主人相手に練習することで、

日本語をスラスラ話せるように

なっていったんです。

 

 

ここで疑問に思う方もいるかもしれません、

「瞬間英作文トレーニングって

英作文なんだから英語だけじゃないの!?

英語以外も使えるの?」

 

はい、そうなのです、

実はこの瞬間英作文トレーニングは

英語だけじゃなくて様々な言語に

活用できてしまうものなんですね。

 

中国語、フランス語、ドイツ語、

日本語だって適用可能なんです。

 

現に、瞬間英作文トレーニングの

普及に努めている森沢洋介先生は、

その手法でフランス語を習得したりしています。

 

 

この瞬間英作文はスピーキングに

非常に効果がある学習方法なんです。

 

がしかし、

地味で退屈なので効果を実感する前に

継続することができず挫折してしまう

という欠点があります。

 

 

現在、OSO公式メールマガジンでは、

継続が困難な英語学習を挫折させず、

最短で話せるようになる方法を発信しております。

 

よろしければ

下記リンクより登録してみてくださいね!

 

英語学習を挫折させず3か月で英語を話せるようになる!