英語を話す「3つのプロセス」を知れば最短で話せるようなるための学習法が分かる!

 

「何年も英語の勉強を続けているのに話せるようにならない・・・」

これは、かつて私がずっと悩みに悩み続けたテーマです。

 

同じような悩みを抱えてらっしゃる

英語学習者の方は、

結構多いのではないでしょうか。

 

私の場合は、何年どころではなく、

10年以上、英語難民としてさまよい続けました。

(※)「英語難民」とは造語なのですが、
英語を話せることに憧れて、ずっと愚直に
学習を続けているにも関わらず、
一向に話せるようにならず、
途方に暮れている状態をいいます。

 

そんな英語学習に迷走していた私が

英語を話せるようになったきっかけは、

英語が第二言語である日本人が

「英語を話すときの頭の中でのプロセス」を

正しく理解できたことなんですね。

 

 

そして、そのプロセスを理解し、

英語を話せるようになるために

何をすればよいのか本質が分かってからは、

国際部署で長期に渡って堂々と勤務できるようになり、

国際会議に出席するため

海外へ行ったりもできるようになりました。

 

 

英語を話すときの頭の中のプロセスを正しく理解しないまま

むやみにあれこれ手を広げ、色んな学習に取り組んでも

成果は上げにくいです。

 

というのも、昔の私は、

周りから「この英語学習法、いいよ!」と言われ、

その都度、むやみに取り組んでは、

挫折を繰り返した経験があるんです。

 

例えば、音読、ディクテーション、シャドーイング、

多読、倍速リスニングなどなど。

 

まさに、周りに振り回されてばかりの

英語難民状態です・・・

 

なぜ、英語が話せるようにならなかったと言うと、

これらのトレーニング方法は

「英語を話すときの頭の中でのプロセス」を

無視したものだからです。

(もちろん、効果が全くないわけではありません)

 

 

そこで、あなたを私のように

英語難民状態に陥らせないためにも、

本日は、

『英語を最短で話せるようになるために

絶対知っておくべき「3つのプロセス」とは?』

というテーマで説明をいたします。

 

この3つのプロセスを押さえていただければ、

・なぜ、英語学習を続けても話せるようにならないのか

・どういった学習をすれば英語を話せるようになるのか

理解できるようになり、

英語を話すための学習効率が

アップするのは間違いないです。

 

OSO

ですので、最後まで是非読んでみてくださいね!

 

 

英語を話すときの頭の中の3つのプロセスとは?

 

まず、あなたは英語を話す際に、

頭の中でどういったプロセスが発生しているか

考えたことはありますでしょうか?

 

そのプロセスの全体像をお示ししましょう。

 

下の絵をご覧ください。

 

私たちが英語を話す際、①概念化、②文章化、③音声化

というプロセスを経て、口から英語が発せられます。

 

これが先ほど申し上げた「3つのプロセス」なのですが、

順を追って説明します。

 

①概念化

 

まず最初に「概念化」が発生します。

 

これは、頭の中で

「自分が言おうとすることを考える」

もっと突き詰めて言うと、

言おうとすることを『映像化』する

ことです。

 

さきほどの絵で説明しますと、

簡単な例ではありますが、

仮に「私の友人が通りを歩いている」と

言おうとした、とします。

すると、最初は、

自分が言おうとする概念(意味、話す内容)を

映像化するわけです。

 

これは英語だけでなく、日本語を話す際にも

頭の中で起こるプロセスですね。

 

 

②文章化

 

続いて、自分が言おうとした概念(意味、話す内容)を

「②文章化」します。

 

これは、要は、頭の中で英文を作ることです。

 

具体的には、

「①概念化」で構築された概念(意味、話す内容)について、

自分の頭の中の「英語に関するデータベース」にある

英単語や文法の知識を駆使して英文を組み立てていきます。

上の絵の例では、

“My friend is walking on the street.”

と頭の中で文章化を行いました。

 

この文章化がスムーズにいかないと、

“Well,…”(え~と)

みたいな感じで時間稼ぎせざるを得ない状況になります。

 

 

③音声化

 

そして、最後のプロセスが音声化です。

「②文章化」で作成した英文を

口から発するわけです。

 

ここでは、自分の頭の中の

「英語に関するデータベース」

にアクセスし、文章化した英語の

「音のデータ」を確認して話します。

 

ですので、スペルは分かるけど、

「発音の仕方が分からない」となると、

英語が口から出てこないわけですね。

 

ですので、英単語を覚える際は、

スペルと音声はセットが必須なわけです。

 

【まとめ】概念化、文章化、音声化がスムーズになるような学習をする

 

ここまで説明してきた

①概念化、②文章化、③音声化は、

簡単な文だろうが、複雑で難しい文だろうが

プロセスは同じです。

 

これらプロセスが

早く処理されればされるほど

スムーズに英語が話せるようになる

ということになります。

 

実際の会話では、

①概念化、②文章化、③音声化のプロセスは、

「秒速レベル」でできるようにしたいところです。

 

なぜなら、

話そうとしても単語が口から出ない、

言葉が出てきても非常に遅い、

会話になると英語がスムーズに出てこない、

のような状況では、

仕事では対応できませんし、

会話が成り立ちませんので。

 

よく、シャドーイングで伸ばす

という話を聞くのですが、

「スピーキングの概念化、文章化、音声化」の絵で申し上げると

③ ⇒ ② ⇒ ①というように順番が逆なんですね。

 

なので、効率が悪いのです。

 

筋トレで例えると、

大胸筋を鍛えようとしているのに

実は毎日スクワットをしている

なんてことになりかねません。

 

ですので、英語を話す練習をする際は、

必ず、①概念化、②文章化、③音声化の

プロセスを踏まえた勉強法、トレーニング方法を

採用するようにしてください。

 

 

ちなみに、現在OSOの公式メルマガでは、

①概念化、②文章化、③音声化のプロセスを

高速化させるトレーニングの仕方について

情報発信させていただいております。

 

具体的には、

メルマガ登録特典の「英語超速上達ガイド」

にまとめております。

 

メルマガは、

英語学習のモチベーションが続かず途中で挫折してしまう

ネット上の情報が膨大で、どう学習したらいいか分からない

ずっと英語学習しているのに上達が実感できない

方におすすめの内容です。

 

今なら、期間限定でメルマガ登録特典として、

①暗記アプリに取り込んで「瞬間英単語」「瞬間英作文」学習に使える単語、英文一覧集(エクセルシート)

②全6章(文字数5万文字超)の英語の教科書『英語超速上達ガイド』

③「中学英語をベースに3か月で英語で言いたいことを言えるようになるトレーニング方法」(無料レポート)

④『鬼滅の刃(アニメ)』で英会話学習を行う方法

をプレゼント中です。

 

是非、下記のバナーをクリックして

メールアドレスを登録してみてくださいね!

あなたの英語学習に伴走し、
挫折させません!

 

 

【参考文献】

英語学習2.0
岡田 祥吾 (著)

英語はもっと科学的に学習しよう
SLA(第二言語習得論)からみた効果的学習法とは
(白井恭弘著)

マンガでわかる 最速最短! 英語学習マップ
StudyHacker ENGLISH COMPANY (著)