英語コンサル(英語コーチング)は個人がおすすめな理由

広がり続ける英語コンサル(英語コーチング)サービス

 

「英会話の参考書を買って、結局、今年も本棚に並べただけか・・・」

 

こんにちは、OSOです。

 

英会話の勉強を一人で続けるのって難しくありませんか?

 

今度こそは!と決意するけれど、冒頭のセリフのように、

大抵は3日坊主で終わってしまう。

 

 

そんな英会話の勉強が続かない悩みを解消するために、

今、英語コンサル(英語コーチング)サービスが

広がりつつあります。

 

ひとりだと勉強できない悩みを伴走者の力を借りて

継続できるようにするサービスです。

 

今や、ベネッセとか大手が参入しつつあるのですね。

 

そこで、英語コンサル(英語コーチング)を受けるなら

大手がいいのか、個人がいいのか、

今日はこの点について説明しようと思います。

 

(※)厳密に言うと、コンサルとコーチングは

定義が違うのですが、本記事では、

まとめて同じ意味として書いていきます。

 

【本記事の解説動画です】

とある大手の英語コンサル(英語コーチング)サービスの出来事

 

私の知り合いの奥さんが

実際に大手の英語コンサル(英語コーチング)サービスを

受けたときの話を聞いたことがあります。

 

非常に若い方だったとのことでしたが、

毎日「今日も頑張りましょう」的なLINEが来るだけで、

毎週の面談もこちらから状況を説明するだけで、

3か月終わってしまった、とのことでした。

 

 

この話を聞いて、大手だからといって

安心できないなと感じたんです。

 

そのスクールの口コミを確認してみると、

 

「文法の質問してもYahoo!知恵袋のリンクを送ってくるだけ」

「社会人経験があまりない人のコンサルでレベルが低い」

「結果が出ないのに継続を勧めてばかり」

 

なんてものがありました。

 

一方で、英語コンサル(英語コーチング)を

個人でやっている方は結構いまして、

個人の方が実は安心して受講できるのです。

 

では、その理由をみていきましょう。

 

 

個人の方が大手よりも料金が圧倒的に安い

 

一番の違いは、なんといっても「料金」です。

 

英語コーチングを受ける場合、

検討事項に間違いなく来るのが料金(受講料)でしょう。

 

英語コンサル(英語コーチング)は個人の方が安いです。

 

大手の英語コンサル(英語コーチング)のスクールだと、

オフィスが、都心や駅前などのアクセスの良い場所に

あります。

 

 

すなわち、

高額な賃料がコンサル(コーチング)料金に上乗せ

されているということです。

 

また、ネイティブの講師やコンサルタント、

その他事務スタッフを

常に抱えておくための人件費もバカになりません。

 

さらに申し上げると、

高額な広告費をかけて宣伝をしているわけでして、

その広告費もコンサル(コーチング)料金に上乗せ

されるのです。

(ちなみにアフィリエイト報酬(※)はかなり高額ですよ)

 

(※)「アフィリエイト」とは、
ブログなどにスクールの広告を貼って、
訪問者(読者)がその広告をクリックし
スクールに入校をした際に、
その成果に対して紹介者(アフィリエイター)へ
報酬が支払われる仕組みのことです。

 

個人だと自分に合うか相性を確認できる

 

さきほども申し上げましたが、

毎日「今日も頑張りましょう」的なLINEが来るだけ

ではたまったものではありません。

 

教える側に当たり外れがあるということです。

 

そりゃ、受講生が何千、何万となってくると、

教授する側も、人数を揃えておく必要があるわけです。

 

創業当初は精鋭ぞろいでも、年数を経ることに

コンサルタントの質もバラツキが出てきます。

 

無料カウンセリングでは優秀なコンサルタントをあてて

実際のサービス提供は別のコンサルタントということもあります。

 

 

一方で、個人であれば、受講前に直接話すことができるので

自分と相性が合うか確認できます。

 

私は、英会話ではないのですが、ある高額なコンサルを

受けたことがありまして、その方と相性が合わなくて

すごい残念な気持ちになったことがあります。

(超スパルタで無理難題ばかり言ってくる方でした)

 

英語コンサル(英語コーチング)のサービスは、

ある程度、長期に渡って受けるものですので、

相性が合わないとキツいですよ。

 

 

ここで、「大手でもコンサルタントを変更可能」

という指摘があるかもしれません。

 

でも、変更後のコンサルタントと相性が合うか

これもまたやってみないと分からないですし、

何度も変更申出をするような生徒さんは、

スクール側から要注意人物として

目を付けられる可能性もあります。

 

 

個人だと融通が効く

 

個人だと何かしら融通が効きます。

 

例えば、週に1回の面談の日時を変更したい場合、

「えぇ、大丈夫ですよ」

と気軽にやってもらえます。

 

また、

「質問に動画で解説して欲しい」

と言えば、気軽に動画を送ってもらえます。

 

要は、個人は大手と違って小回りが利くんですね。

 

個人の英語コンサル(英語コーチング)は実際に話してみるのが大事

 

英語コンサル(英語コーチング)は

個人の方が良いと説明してきましたが、

実際に話して確認するのが大事です。

 

学習方針はもちろんのこと「人柄」が良いか、

自分に合いそうかどうかが重要です。

 

 

それと、受講生が多すぎないか確認しておきましょう。

 

個人で英語コンサル(英語コーチング)やっている方で、

100人以上教えている人がいるんです。

 

仮に、週1回の面談を考えたら、

100人以上の生徒さんへのサービスの

クオリティは担保できません

(中には、Youtube動画を配ってオシマイ、

というところもあります)

 

個人でもピンキリなので、

事前のリサーチはしっかりしておきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

また、私も英語学習の習慣を身につけるためのコーチングについて

メルマガ内で情報発信させていただいております。

 

今なら、期間限定でメルマガ登録特典として、

・3か月で英語で話せるようになる方法(無料note)

・『鬼滅の刃(アニメ)』で英会話学習を行う方法

をプレゼント中です。

 

是非、下記のバナーをクリックして

メールアドレスを登録してみてくださいね!

 

3か月で英語を話せるようになる秘密をメルマガで公開中です!