映画で英会話学習しよう『ローマの休日』

英語学習に映画を利用するのは、

次の点で非常に効率的です。

好きな映画を選択することで、英語学習自体が楽しくなる

記憶力に頼らず、1つ1つの言葉が状況や映像と共に印象的に残るので覚えやすい

実際の会話を利用するので、学習は限りなく実践的になる

他にも上げればキリがないのですが、

 

素材としては非常に優れたものですので、

積極的に活用していきたいですね。

 

 

ここでは、名画『ローマの休日』から、

具体的なシーンからセリフを引用して紹介いたします。

 

英会話を学ぶ観点からは、日本語でのセリフを見て、

英語でどういう表現をされたのか映像と紐づけて覚えると、

忘れにくくなり効率が良くなります。

 

具体的な学習方法については、

海外ドラマを使った英語学習のやり方 ~英語を話せるようになるための実践的活用法~

をご覧ください。

 

※日本語と英語の表現は、スクリーンプレイ(名画映画完全セリフ集)を活用しております。

 

具体的な場面、シーンをイメージして、パッと英語が口から出てくるようになるまで、

練習を繰り返していきましょう。

 

セリフの例

 

それ(お金)をあなたに送り返すよう手配しますわ

こういうふう(髪)にしたかったの。(理髪店にて)

行けたらいいのですが。

さて、君は何を飲みたい?

彼(アン王女の父親)の職業は?

何を売ってらっしゃるの?

私、(運転を)できるわ

 

 

「私たち、今夜、そこへ行ってみない?」

 

 

 

英会話学習の映画の素材を選ぶときの留意点

 

ここまで、映画のセリフのサンプルを

いくつかご紹介しました。

 

ローマの休日に限らず、

自分が好きな映画を選んで英会話学習に

どんどん活用していきましょう。

 

映画を選ぶに当たっては、DVD、ブルーレイ、

ストリーミングサービス等がありますが、

留意点があります。

 

それは、英語の音声と英語字幕が一致していることです。

 

実際にDVDを購入してから気づくこともあったのですが、

話されているセリフと英語字幕に乖離があることがあります。

 

これは、字幕がクローズドキャプションではないことが原因です。

 

クローズドキャプションは

聴覚障害者に伝えるために文字情報として表示する技術です。

 

CC字幕とも呼ばれていますが、

セリフを一言一句たがわずに表示するもので、

効果音すら字幕で出てきます(鳥の声、音楽、ため息など)。

 

英語学習という観点からは、

CC字幕で表示されないと学習効率が落ちます。

 

なぜなら、英語音声を正確に聞き取れたか

確認ができないからです。

 

なので、DVDやブルーレイを購入する際は、

クローズドキャプションで英語字幕が表示されるか

確認を行うようにしましょう。

 

 

映画などの素材を使えば、

英語を話す力を効率よく上げることができますが、

OSOの公式メルマガでは、現在、

英語を最短で話せるようになるための

トレーニング方法について

情報発信しております。

 

特に、

・最短で英語で言いたいことを言えるようになりたい

・ずっと英会話学習をしているのに上達が実感できない

というお悩みがある方には役に立つ内容ですので、

 

英語を話せるようになりたいと思われる方は、

是非、下記のバナーをクリックして

メールアドレスを登録してみてくださいね!

 

3か月で英語を話せるようになる秘密をメルマガで公開中です!